片思いと結婚までの発展のさせかた

誰でも経験したことがある「片思い」はもっとも非効率的な恋愛の1つです。

通常、恋愛は、一方の片思いから始まります。男のほうから片思いする場合と女性のほうが片思いする場合の両方が考えられますが、女性のほうが片思いした場合は、男をその気にさせて相手のほうから告白させるというテクニックが必要になります。

女性のほうから告白すると、自分を安く売ることになってしまう(安売りは禁物)ので好ましくないのです。

だからといって、片思いというファンタジーの世界に閉じ込もり、何の行動も起こさないのは正しい姿ではありません。せっかくの相思相愛のチャンス、人生の中で何度も訪れるものではありません。

しかし、片思いの殼から抜け出せない女性もたくさんいます。自分から誘う勇気がないからか、あるいは振られて傷つくのが嫌からか、あるいはデートに誘う方法を知らないからか……。

片思いが非効率的なのは、相手の男を好きになっているのではなく、自分がっくり上げた男性像を好きになっている点です。

極度のバブル状態を創出し、偶像崇拝にしている状態とも言えるでしょう。生身の人間だったらがっかりしたり、残念だったりする部分かありますが、片思いは相手を完璧な男にしてしまいます。そんな男は現実には存在しないので、この世のどの男も太刀打ちできません。

実際に、他の男から、「好きだ」と言われても、断ってしまうことになります。せっかくの恋愛チャンスを逃してしまうのです。

片思いの解決策はそれほど難しいものではありません。基本は温度差を縮めるための「サラミ戦略」、もう1つは「デート戦略」を使うということです。

「サラミ戦略」とは、片思いから徐々に両想いに移行するための戦略で、サラミを少しずつ切って、いつのまにか全部いただいてしまう戦略を言います。

通常、好きになったほうと好きになられたほうでは恋愛の「温度差」が生じています。好きになったほうは「恋愛バブル」が生じて、想いがすごく強く、熱い状態。

他方、好きになられたほうは何も感じていないので、平温です。この温度差をいかに縮められるかが、恋愛の基本です。

「告白」というのは、一方的に想いを告げることですが、相手に好きになってもらうことが目的であるので、いきなり「好きだ」と言っても通常はうまくいきません。右記の温度差が生じているためです。それよりも、少しずつ近づいていく「サラミ戦略」がもっとも効果的です。

たとえば、会社の他の部署や、となりの会社の人に一目ばれしたような場合には、いつかの時点で話しかけることが必要になってきますが、いきなり「告白」してはいけません。最初は笑顔で「こんにちは」です。

次は「いつも会いますね」といった事実の積み重ねをしていくことが必要です。

次の日は「また会いましたね」。その次は「自分は○○という会社に勤めていますが、あなたはどちらですか?」といったように、少しずつ会話を広げていきます。

このような小さな積み重ねをすることによって温度差を縮めていくのが正解です。

次に有効なのは「デート戦略」と呼ばれる、好きな人をデートに誘う方法です。「デートしてくれませんか?」では断られてしまいますが、「デート」という言葉を使わないで誘えば良いというものです。

「デート戦略」の中で女性が使えてもっとも効果的なものは「おまけ戦略」と「戦略的服従戦略」の2つです。

1つ目の「おまけ戦略」。おまけ戦略とは、おまけをつけて自分を売る戦略です。たとえば、「Jリーグのサッカーのチケット2枚いただいたんですが、ご一緒してくれますか?」といった形になります。前述したとおり、恋愛とは自分の資産価値に基づいた物々交換です。

「女の資産価値=男の資産価値」といった場合なら、おまけをつける必要がありません。片思いの場合には、「女の資産価値Λ男の資産価値」となっていることでしょうから、「女の資産価値十おまけ▽男の資産価値」でいくのが良いということです。

では、「おまけ」とは何かといえば、高級腕時計もおまけだし、高級フレンチもおまけだし、映画だっておまけなわけですが、重要な点は、

  • おまけが相手の男にとって価値あること
  • かといって、あまり高すぎて相手が怖気づかない

ということです。したがって、おまけの中身を真剣に考えなければなりません。相手がサッカーが好きでこそ成り立つ誘い方です。野球でも、絵画展でも、音楽会でもなんでも良いのですが、相手の好みが何なのかのリサーチが不可欠です。

また、おまけが重すぎないことも重要。間違っても、「Jリーグチケットを頑張って2枚買つたんですが、ご一緒していただけませんか?」とは言わないこと。ドン引きされますよ。

もう1つは、「戦略的服従戦略」です。「戦略的服従」とは、「名を捨てて実を取る」戦略で、相手に頭を下げて教えを乞い、その過程で自分の目的を達成するものです。

使い方としては、「エクセルの使い方がよくわからなくて困っているんです。教えてくださいませんか?」となります。頭を下げて頼むわけですね。当然、男としてはうれしいので教えることになります。そうすると、「お礼にお昼ごはんをごちそうさせてください」というように、この戦略を用いると、2回デートができるようになります。

相手を誘うにはちょつとした工夫が必要ですが、「おまけ戦略」も「戦略的服従戦略」も鉄板戦略なので、状況に応じて使ってみてください。

これは婚活する際にも非常に有効な手段になってきます。特に婚活では次に会う約束をすることが大事になってくるからです。出会いの方法は和歌山 婚活のような婚活情報サイトが役に立ちます。出会っても次につなげることができなければ何にもなりませんからね。

これらの方法をうまく使って恋愛と婚活を成功させてください。

 

主食を米にしない

平均的な日本人の食卓をのぞいてみると、人多数の方が主食として白米を召し上がられているようです。この白米、そして天ぷらの衣などに使われる薄力粉、煮物や和え物に欠かせない砂糖を普段から料理に使い、あるいは、ケーキやクッキーという形で間食するなど、過度に精製された炭水化物や白糖の摂取が多くなっていることも気になります。

このように現代人の食事は、過度に精製された炭水化物に偏る一方で、タン白質、ビタミン、ミネラルの摂取が少なくなっています。食事は、ごはんよりも肉や魚などのおかずをメインに食べましょう。

忙しい生活の中では、食事の時間が十分に取れなかったり、不規則になったりすることも多々あります。そんな時、すぐ近くに手軽に食べ物を調達できるコンビニエンスストアなどがあれば、ついつい、手をのばしてしまうのも分からないではありません。ですが、問題はその食べる内容です。特に若い人は、ジャンクフードやインスタント食品ばかりを食べたり、ひどい場合には、食事がわりに菓子パンやスナック菓子、チョコレートとジュースだけしか摂らながったりする人も少なくないようです。

これは明らかに糖質・炭水化物の過剰摂取です。糖質・炭水化物を摂りすぎると、皮下脂肪や内臓脂肪を増やすことにつながるだけでなく、過剰に摂取した糖質を処理するために、ビタミンB群や亜鉛などの栄養素が消耗されてしまいます。ただでさえ、タン白質やビタミン、ミネラルがほとんど摂取できていないのに、ますます栄養不足を助長することになるのです。

低血糖や慢性疲労の人に食事について問診すると、ほぼ100%と言っていいほど、食事の回数や内容に問題があります。食事のかわりにスナック菓子、チョコレート、菓子パン、ジュースを主食にしている人も珍しくありません。

もはや食事とは言えないような品が食卓にあがっている家庭が少なくないことを痛感します。

加工食品はできるだけ控え、肉、魚、野菜を家で調理して偏りなく食べるという当たり前のことが、現代では難しいようです。しかし、こうした正しい食事をすれば、肌や髪や爪を美しく若々しく保ち、さらに多くの病気を予防することができるのです。

 

結婚は相手との相性の良さを求めよう

婚活をしたいと思った時、できるだけ自分の理想の人と知り合いたいと感じます。
そのように理想を持つことは、良いことですね。
しかし、ただ単に理想を持っているだけでは、簡単には結婚をすることができません。
また結婚をしたとしても、幸せな結婚生活を送ることができないかもしれないのです。

それは、理想で外見的なことや、経済的なことを求めてしまうといけないと言うことです。
それもひとつの要素とはなります。
しかし、それだけでは結婚生活を幸せに送ることがむつかしいくなります。(´・ω・`)

一番いいのは、自分と相性が合っていると言うことなんです。
その相手の人が、自分と相性があっているけど見た目がイマイチと思うこともあるでしょう。
そんな時、その相手の人のことを直ぐにやめてしまうのは、凄くもったいないこなのです。
相性があうと言うのは、そんなにいないからです。

もしも困った時に、その相手の人が助けてくれるのか、一緒に楽しいことを楽しいと笑うことが出来るのか、そんなことが大事です。ヽ(*´∀`)ノ
そのことを重視して、婚活をするときに相手の人を見るようにしましょう。
そうすると自然と、自分も自然体になれるし、自分にふさわしいと思う人をみつけやすくなります。

相性と言うのは、本当に不思議ですね。
周りの結婚している人たちを見ると、どうしてその人と結婚をしたのだろうと思う人たちもいます。
しかし、二人の間ではその空気感がとても心地よいのです。
そのように心地良いと思える相手と巡り会えることができたら、本当に幸せと感じます。

婚活をする時には、相手の人との相性の良さを見るようにしましょう。
すると、自分が楽しく過ごすことができます。
結婚生活では、相手の人を思いやることが一番大切です。
アンケートなどを見た時も、そのことを一番にあげている人が多いのです。
そのことからも、やっぱり自分の理想の人と言うよりも、自分が楽しくいられる人、一緒にどんなことも乗り越えれそうと思える人がいいですね。(^O^)

 

婚活での第一印象は見た目サッパリが大事です!

出会いをもった時、その出会いについて大事にしたいですね。
ところが、最初にあったときに、そのことを後悔することがあります。
もっと、ちゃんとしておけば良かったなと思うことがあるのです。

その一つに、見た目がゲンナリしてしまうことがありますね。
その見た目というのは、とても大切です。
男性であれば、きれい、かっこいいということではないんです。
また女性だってそのことと同じように美しいという人が、良い印象を与えるのではないのです。

良い印象というのは、なんといってもさっぱりしていることなんです。
キレイに努力しているということですね。
男性だったら、キチンとしたスタイルで行くことが大事です。
できれば清潔感のある洋服がいいですね。
スリッパやサンダルなどはアウトです。
余りにも軽装で行くと、がっかりされてしまいます。
それは、女性にたいしても失礼となるのです。
多分、最初に会う時には女性はおしゃレをしますね。
そのことを思うと、やっぱり男性だって努力をして欲しいのです。

見た目が清潔感があると、ポイントはぐっとあがります。
キレイに見えるということが、とても大切なんです。
女性は、特に清潔感のある男性を求めているところがあります。

髪の毛が短い、洋服がきれい、臭くない等があります。
臭いと言うのは、論外かもしれません。
デートをする時には、爽やかさを強調するようにしましょう。

女性だって、同じことが言えます。
頭から、靴までしっかりと男性は見ています。
その時、ちょっと汚れていたりすると、とても気になるのです。
自分のことよりも、相手のことが気になりますね。
自分はそんなに大したことはないのに、そのことを相手の人には求めてしまうのです。
それは、自然と見てしまうということなんです。

ちょっとしたことが気になることがあるので、清潔感のあるスタイルについて、努力をすることが大事です。
もしも自分はできないと思った時には、本などを参考にするといいですね。

それと、自分の内面や考え方を変えることと、自分がどこで売り込みをすればモテるのか「市場調査」もとても大事です。
いくら服装や内面を良くしても需要がないと結婚できませんからね。
それらのことについては「婚活のための内面プロデュース」という記事に詳しく載っていたので参考にするといいと思います。

結婚するために色々整えて婚活していきたいですね。

 

年齢に応じたスキンケアが大切

若かった頃、洗顔で化粧をきちんと落とさないと、汚れが皮膚に残って、ニキビや吹き出物、肌荒れの原因になると思っていました。

だから、洗った後に、肌にパリパリ感があれば、綺麗に汚れが取れてて、その後で化粧水を付けたら、肌に吸収され、瑞々しい肌になるのだと思っていました。

きっと、何かの本で読んだから、化粧品売り場の綺麗なお姉さんが教えてくれたように思います。石鹸洗顔をしたら、とても気持ちが良かったので、30代半ばまではこの方法で、肌のお手入れをしていました。

ところが、いつ頃からか、洗顔をして化粧水をたっぷり付けても次の朝に顔がベタベタになるようになりました。ベタベタで気持ち悪いから、脂を落とすためにもっと洗顔をして、またベタベタになってを繰り返していました。

だんだん肌が疲れた感じになって、化粧をしても綺麗に出来なくなりました。当時はなぜか、誰かに尋ねようとも思わず、いつか治るだろうとそのままにしていました。

そんな時に、偶然友人が、石鹸洗顔で顔のオイルを摂りすぎているから、肌がベタベタするのでは?と言ってくれました。汚れを取ることはもちろん大切だけれど、肌に潤いを持たせておくためには、水分だけではなくオイルと必要だと教えてくれました。

そんな風に考えたことは全くなかったのですが、彼女の説明は理にかなっていると思ったので、早速洗顔方法を見直してみることにしました。

肌に負担の少ない、ジェルを使ってみた所、びっくりするほど肌の調子が良くなりました。シミは皺を隠すことは出来ませんが、肌にハリが戻って来て、表面がしっとりして、ファンデーションがとても綺麗にのるようになりました。

肌の具合が良くなったことにもびっくりしましたが、石鹸洗顔でなくても、きちんと肌の汚れを落とせることを知って、びっくりしました。

年齢と共に、肌の具合は変化しています。水分量も脂分も変化するので、その時々に合ったスキンケアが必要だということがわかって良かったです。

 

寝ることは大きなパワーになる!

わたしが健康のために意識していることは「しっかり寝る」ということです(-_-)zzz

わたしは健康のためにストレスを溜めないようにしようと思っています。なぜかと言うと、仕事でストレスを抱えていた時にアレルギー症状で悩まされた経験があるからです。

眠れないことや仕事への不安などから毎日ストレスを抱えているように実感しているうちに、アレルギー反応が出るようになって通院するはめになってしまいました。

ストレスは何が原因かわかりにくいものですが、わたしの場合はよく眠れるだけですっきりするという感覚があります。小さい頃からよく寝る子だったので、人よりも必要とする睡眠時間が多めなのかもしれません。寝るのが大好きだった記憶もあります。それができた時というのはリフレッシュできていたのだろうと思うのです(^_^)v

家族の仕事柄、みんなの帰宅時間に合わせると自分まで寝不足になりがちです。そのため、余裕がある時は20分くらい昼寝をしておくようにしています。

わたしとしては元気な状態でみんなを迎え、少しでも会話をしてコミュニケーションを取りたいという考えもあります。眠いまま無理して起きていると結局ギリギリで寝てしまうんです。それに会話もはかどりません。

「しっかり寝る」ということは長時間寝続けるということではないんです。眠い時には無理せずちょっと寝て睡眠時間をプラスします。その10分20分が大きなパワーに変わるんです。

明日は予定がたくさんあって忙しいぞ!とわかっているような時は、いつもより早めに寝てパワーを蓄えます。基礎体力がないのか、そうでもしないともたないんです(^_^;)それに、イライラもしてしまって家族に迷惑をかけることにもなります。

そんなわたしなので、みんなががんばっているような姿を見ていると「疲れていない?ちょっと寝たら?」などと言ってしまいます。みんなもっと寝て元気を蓄えようよ!と思ってしまうんです。みんなからすると寝ろ寝ろと言う変わった人にうつっているかもしれません(*^_^*)

 

親友からの衝撃な一言

私の最近あった悲しかった事は友達に前に比べて太ったねと言われたことです。

元からぽっちゃりと言われるような体型でした。

それでも夏前はダイエットに励んだり、服が着れなくなりたくないからと食べ過ぎには気をつけていたり、流行りのヘルシーフードやレストランに行くなど多くの女性と同じように過ごしていました。

痩せてはいないけど、太ってるわけでもないし、ある程度今の体型をキープし続けているから問題はないと私は思っていました。

しかし、つい先日3年ぶりに会った懐かしい友人に衝撃の一言を言われてしまったのです。太ったね。と。

彼女とは親友の仲で思ったことはお互いになんでも言い合える関係でした。

悩み事や自分に関する家族にも言えない事までありとあらゆる事を彼女と言い合ってきました。

そんな彼女が太ったと言うのならそれは真実なのです。

私は、3年ぶりに会うことをとても楽しみにしていました。

連絡や電話は取り合っていましたがやはり早く顔を見て話したいなと思っていたからです。

彼女の方は相変わらずとても綺麗で大人っぽくて、3年前よりはるかに素敵な女性になっていました。

良い意味でとっても変わっていたのです。

私も少しは変わったねと言われるかななんて期待をしていたにも限らず予想をしていなかった答えに唖然。

私、太ったの?と自分でもびっくりしました。

そんなに見た目変わった?と聞くとものすごくって訳ではないけど昔よりは確実に太った気がする。と。

そのことに衝撃を受けましたがその場はとっても楽しく、やはり親友は素敵な関係だななんて思いながら語り合いました。

次の日改めて彼女の言葉を思い出し、勇気を持って何年かぶりに体重計に乗ることに。

怖くて仕方ありませんでしたがもちろん現実が待っていました。

確実に5キロ増えてる。自分ではそんなに気にしていなかったのに5キロも増えていたのです。

こうしてはいられないとダイエットを決意し、只今ダイエット真っ最中です。次に会うときまでには必ず痩せてみせます。

 

桃太郎電鉄にハマっていたあの頃

桃太郎電鉄略して桃鉄というゲームはご存知でしょうか。その昔私はは寝ても覚めてもこのゲームをしていました。

3人~4人でもできるファミリーにもおすすめのゲームなんですが、私は友達が少ないのと長時間プレイするので1人でやっていました。

友達にこのことを言うと1人でやってるの!?と驚かれていましたね(笑)

このゲームは子どもでもできるんですが、意外に奥の深いゲームでもあるのです。普通ゲームってだいたい自分の実力だけで勝負が決まるんですが、このゲームは運が勝負を左右したりします。

たぶんそういうなのが嫌いな人は向いてないと思います(笑)

でも私は自分の運が悪いときに、運が悪いなりにどう軌道修正していくか。どうその運が悪いときを乗り過ごすかというところが大好きだったんです!(^^)!

かっこよく言うとリスクマネージメントですね。ルールはサイコロを振って進み、物件を買いながら資産を溜めていくというゲームです。

本当に簡単なゲームなので子どもでもできると思います。ただこのゲームは喧嘩が起きやすいゲームとして有名です(笑)

運要素も入ってるのでうまくいかないときは本当にイライラします。友達も何人か失いかけました。ただ本気になって対戦できるいいゲームでもあるのです。

ただ個人の感想としては中盤ら辺までは誰があそこの超いい物件を取るか、誰がいいヒーローを仲間にするかという駆け引きが面白いのですが、最後ら辺は誰かが日本の物件をほぼ買いつくしてしまって、制圧するのでそうなるともう運要素もなくなって勝てなくなります。

そこら辺になると勝負が見えるのでやめてしまっていましたね。信長の野望というゲームにも言えるんですが最後は力技でいけてしまいます。

逆にマリオカートなんかはゴール直前まで誰が優勝するか(アイテムを隠し持ったりしてるので)わからないのでよくできてるなと思います。

まあでもそれでも桃鉄は面白いですね。中毒みたいになるんですよね。勉強とかじゃなくて、ゲームなんで時間の無駄だな~と思ったりもしますがやめられなかったんですよね。

久しぶりに1人桃鉄してみようかな。

 

久々の中華街!

GWが明けたので、そろそろ観光地も空いているだろうと考えて友人と久々に「中華街に行こう!」となったので現地集合で待ち合わせをして横浜中華街に行く事になりました。当日は晴天で観光日和でしたがアラサーの我々にとっては体力を奪われる天候でした(笑)

そして久々の中華街…多分私は10年ぶりくらいでしょうか?駅を降りて「朝陽門」なんかは変わっていませんでしたが流石に私の知っている中華街のお店のラインナップと、かなり変わっていました。10年ぶりだから当たり前ですけどね(笑)待ち合わせはお昼近かったので友人が行きたがっていた小籠包のお店に行ってまずは腹ごしらえです!

お店はまだ空いているようでしたが何故か円卓で相席にされてしまい、向かいは子連れの若いご夫婦でした。席につく前から子供はギャン泣き状態ですが、ご夫婦はお構いなしに自分達の食事をしています。大丈夫か…子供…と心配になりましたがデザートの台湾アイスがきたら泣き止んだので私達も安心して小籠包を頂けました(笑)

腹ごしらえが済んだら、次は「よしもとおもしろ水族館」に向かう事にしました。水族館好きの私としては行ってみたかったのですが中々機会がなくて行った事がなかったので、お土産やさんを回りたかった友人に食い下がって水族館に行ってもらいました。

ビルの中にある水族館で色々と楽しい仕掛けがしてあり大人も子供も楽しめる作りになっていました。個人的に一番面白かったのは「グソクムシ」を触れるコーナーでしたね…虫が苦手な私ですが「グソクムシは虫じゃない!」と言い聞かせ触ってみると…正直やっぱりあの硬さと言い見た目と言い虫でした…でも普段触れない物に触れたのは良い経験だな~と。

水族館を見終わった後は友人のお土産屋さん巡りに向かいました。中国と言えばやっぱりお茶ですよね!有名な「花茶」を買ったり冷え性や頭痛に効くお茶を二人で沢山買い込みました(笑)そして最後は中華街で流行っているのか結構な所で見かけた「ドクターフィッシュ」体験。アラフォーの角質を食べてもらおうと早速体験。足湯的な感じで水槽に足をつけると、これが弱い電気を流しているようなピリピリとした感覚でちょっと気持ち良い…(笑)

食事して健康に良い体験して久々にリフレッシュした日でした(笑)

 

お風呂上りに欠かせない私のスキンケア

乾燥肌の私は毎日お風呂上りに、ナチュリエのハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルでスキンケアしています。

お風呂の後に軽くタオルで全身拭いてから、そのままお風呂場でたっぷりとハトムギ化粧水を全身にパシャパシャ使っています(*^^*)お風呂の後はすぐに全身保湿することで、乾燥肌の私でもしっとり肌が潤います!

時間がある時は、ハトムギ化粧水をコットンにたっぷり含ませてコットンパック!ハトムギ化粧水をたっぷり使って保湿するようになってからは、朝起きた時の肌の潤いが変わりました。

肌が潤っていると朝メイクした時も化粧ノリが違います!肌の調子が良い朝は、それだけで気分が良くなります。

お風呂上りにハトムギ化粧水をたっぷりつけて肌に馴染んだ後は、ハトムギ保湿ジェルを全身に優しくマッサージするように使っています。ハトムギ保湿ジェルを使うようになってから、ボディクリームが必要なくなりました!

ボディクリームを塗った後のベタベタする使用感が苦手だった私は、ハトムギ保湿ジェルの軽い付け心地、時間が経っても潤いが続くのにベタベタしない使用感が大好きです(*^^*)

ハトムギ化粧水、ハトムギ保湿ジェルを使った毎日のスキンケアは3年間続いています。若い頃より乾燥に悩むことがなくなって、もっと早くこのスキンケアをしていれば良かった…と後悔しています。

スキンケアの積み重ねが未来の美しい肌に繋がります(=´ω`=)美肌を目指す上で乾燥は天敵です!

今までは夏になると、スキンケアはサボりがちでした。全身に何もつけなくても汗でベタベタしてしまい、更にクリームなどを使うのが嫌だったのです。でも、ハトムギ化粧水は暑い夏の日でも使うとひんやり、気持ちが良いです。夏にもしっかり保湿をするようになってから肌の調子も良くなりました。

ハトムギ化粧水はプチプラ化粧水の中でも優秀です!コスパが良く、たっぷり使えて大満足(*^^*)ニキビも出来づらい肌に変化しました。

これからも私の毎日のスキンケアに、ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルは欠かせません!