親友からの衝撃な一言

私の最近あった悲しかった事は友達に前に比べて太ったねと言われたことです。

元からぽっちゃりと言われるような体型でした。

それでも夏前はダイエットに励んだり、服が着れなくなりたくないからと食べ過ぎには気をつけていたり、流行りのヘルシーフードやレストランに行くなど多くの女性と同じように過ごしていました。

痩せてはいないけど、太ってるわけでもないし、ある程度今の体型をキープし続けているから問題はないと私は思っていました。

しかし、つい先日3年ぶりに会った懐かしい友人に衝撃の一言を言われてしまったのです。太ったね。と。

彼女とは親友の仲で思ったことはお互いになんでも言い合える関係でした。

悩み事や自分に関する家族にも言えない事までありとあらゆる事を彼女と言い合ってきました。

そんな彼女が太ったと言うのならそれは真実なのです。

私は、3年ぶりに会うことをとても楽しみにしていました。

連絡や電話は取り合っていましたがやはり早く顔を見て話したいなと思っていたからです。

彼女の方は相変わらずとても綺麗で大人っぽくて、3年前よりはるかに素敵な女性になっていました。

良い意味でとっても変わっていたのです。

私も少しは変わったねと言われるかななんて期待をしていたにも限らず予想をしていなかった答えに唖然。

私、太ったの?と自分でもびっくりしました。

そんなに見た目変わった?と聞くとものすごくって訳ではないけど昔よりは確実に太った気がする。と。

そのことに衝撃を受けましたがその場はとっても楽しく、やはり親友は素敵な関係だななんて思いながら語り合いました。

次の日改めて彼女の言葉を思い出し、勇気を持って何年かぶりに体重計に乗ることに。

怖くて仕方ありませんでしたがもちろん現実が待っていました。

確実に5キロ増えてる。自分ではそんなに気にしていなかったのに5キロも増えていたのです。

こうしてはいられないとダイエットを決意し、只今ダイエット真っ最中です。次に会うときまでには必ず痩せてみせます。

 

桃太郎電鉄にハマっていたあの頃

桃太郎電鉄略して桃鉄というゲームはご存知でしょうか。その昔私はは寝ても覚めてもこのゲームをしていました。

3人~4人でもできるファミリーにもおすすめのゲームなんですが、私は友達が少ないのと長時間プレイするので1人でやっていました。

友達にこのことを言うと1人でやってるの!?と驚かれていましたね(笑)

このゲームは子どもでもできるんですが、意外に奥の深いゲームでもあるのです。普通ゲームってだいたい自分の実力だけで勝負が決まるんですが、このゲームは運が勝負を左右したりします。

たぶんそういうなのが嫌いな人は向いてないと思います(笑)

でも私は自分の運が悪いときに、運が悪いなりにどう軌道修正していくか。どうその運が悪いときを乗り過ごすかというところが大好きだったんです!(^^)!

かっこよく言うとリスクマネージメントですね。ルールはサイコロを振って進み、物件を買いながら資産を溜めていくというゲームです。

本当に簡単なゲームなので子どもでもできると思います。ただこのゲームは喧嘩が起きやすいゲームとして有名です(笑)

運要素も入ってるのでうまくいかないときは本当にイライラします。友達も何人か失いかけました。ただ本気になって対戦できるいいゲームでもあるのです。

ただ個人の感想としては中盤ら辺までは誰があそこの超いい物件を取るか、誰がいいヒーローを仲間にするかという駆け引きが面白いのですが、最後ら辺は誰かが日本の物件をほぼ買いつくしてしまって、制圧するのでそうなるともう運要素もなくなって勝てなくなります。

そこら辺になると勝負が見えるのでやめてしまっていましたね。信長の野望というゲームにも言えるんですが最後は力技でいけてしまいます。

逆にマリオカートなんかはゴール直前まで誰が優勝するか(アイテムを隠し持ったりしてるので)わからないのでよくできてるなと思います。

まあでもそれでも桃鉄は面白いですね。中毒みたいになるんですよね。勉強とかじゃなくて、ゲームなんで時間の無駄だな~と思ったりもしますがやめられなかったんですよね。

久しぶりに1人桃鉄してみようかな。