年齢に応じたスキンケアが大切

若かった頃、洗顔で化粧をきちんと落とさないと、汚れが皮膚に残って、ニキビや吹き出物、肌荒れの原因になると思っていました。

だから、洗った後に、肌にパリパリ感があれば、綺麗に汚れが取れてて、その後で化粧水を付けたら、肌に吸収され、瑞々しい肌になるのだと思っていました。

きっと、何かの本で読んだから、化粧品売り場の綺麗なお姉さんが教えてくれたように思います。石鹸洗顔をしたら、とても気持ちが良かったので、30代半ばまではこの方法で、肌のお手入れをしていました。

ところが、いつ頃からか、洗顔をして化粧水をたっぷり付けても次の朝に顔がベタベタになるようになりました。ベタベタで気持ち悪いから、脂を落とすためにもっと洗顔をして、またベタベタになってを繰り返していました。

だんだん肌が疲れた感じになって、化粧をしても綺麗に出来なくなりました。当時はなぜか、誰かに尋ねようとも思わず、いつか治るだろうとそのままにしていました。

そんな時に、偶然友人が、石鹸洗顔で顔のオイルを摂りすぎているから、肌がベタベタするのでは?と言ってくれました。汚れを取ることはもちろん大切だけれど、肌に潤いを持たせておくためには、水分だけではなくオイルと必要だと教えてくれました。

そんな風に考えたことは全くなかったのですが、彼女の説明は理にかなっていると思ったので、早速洗顔方法を見直してみることにしました。

肌に負担の少ない、ジェルを使ってみた所、びっくりするほど肌の調子が良くなりました。シミは皺を隠すことは出来ませんが、肌にハリが戻って来て、表面がしっとりして、ファンデーションがとても綺麗にのるようになりました。

肌の具合が良くなったことにもびっくりしましたが、石鹸洗顔でなくても、きちんと肌の汚れを落とせることを知って、びっくりしました。

年齢と共に、肌の具合は変化しています。水分量も脂分も変化するので、その時々に合ったスキンケアが必要だということがわかって良かったです。

 

寝ることは大きなパワーになる!

わたしが健康のために意識していることは「しっかり寝る」ということです(-_-)zzz

わたしは健康のためにストレスを溜めないようにしようと思っています。なぜかと言うと、仕事でストレスを抱えていた時にアレルギー症状で悩まされた経験があるからです。

眠れないことや仕事への不安などから毎日ストレスを抱えているように実感しているうちに、アレルギー反応が出るようになって通院するはめになってしまいました。

ストレスは何が原因かわかりにくいものですが、わたしの場合はよく眠れるだけですっきりするという感覚があります。小さい頃からよく寝る子だったので、人よりも必要とする睡眠時間が多めなのかもしれません。寝るのが大好きだった記憶もあります。それができた時というのはリフレッシュできていたのだろうと思うのです(^_^)v

家族の仕事柄、みんなの帰宅時間に合わせると自分まで寝不足になりがちです。そのため、余裕がある時は20分くらい昼寝をしておくようにしています。

わたしとしては元気な状態でみんなを迎え、少しでも会話をしてコミュニケーションを取りたいという考えもあります。眠いまま無理して起きていると結局ギリギリで寝てしまうんです。それに会話もはかどりません。

「しっかり寝る」ということは長時間寝続けるということではないんです。眠い時には無理せずちょっと寝て睡眠時間をプラスします。その10分20分が大きなパワーに変わるんです。

明日は予定がたくさんあって忙しいぞ!とわかっているような時は、いつもより早めに寝てパワーを蓄えます。基礎体力がないのか、そうでもしないともたないんです(^_^;)それに、イライラもしてしまって家族に迷惑をかけることにもなります。

そんなわたしなので、みんなががんばっているような姿を見ていると「疲れていない?ちょっと寝たら?」などと言ってしまいます。みんなもっと寝て元気を蓄えようよ!と思ってしまうんです。みんなからすると寝ろ寝ろと言う変わった人にうつっているかもしれません(*^_^*)