桃太郎電鉄にハマっていたあの頃

桃太郎電鉄略して桃鉄というゲームはご存知でしょうか。その昔私はは寝ても覚めてもこのゲームをしていました。

3人~4人でもできるファミリーにもおすすめのゲームなんですが、私は友達が少ないのと長時間プレイするので1人でやっていました。

友達にこのことを言うと1人でやってるの!?と驚かれていましたね(笑)

このゲームは子どもでもできるんですが、意外に奥の深いゲームでもあるのです。普通ゲームってだいたい自分の実力だけで勝負が決まるんですが、このゲームは運が勝負を左右したりします。

たぶんそういうなのが嫌いな人は向いてないと思います(笑)

でも私は自分の運が悪いときに、運が悪いなりにどう軌道修正していくか。どうその運が悪いときを乗り過ごすかというところが大好きだったんです!(^^)!

かっこよく言うとリスクマネージメントですね。ルールはサイコロを振って進み、物件を買いながら資産を溜めていくというゲームです。

本当に簡単なゲームなので子どもでもできると思います。ただこのゲームは喧嘩が起きやすいゲームとして有名です(笑)

運要素も入ってるのでうまくいかないときは本当にイライラします。友達も何人か失いかけました。ただ本気になって対戦できるいいゲームでもあるのです。

ただ個人の感想としては中盤ら辺までは誰があそこの超いい物件を取るか、誰がいいヒーローを仲間にするかという駆け引きが面白いのですが、最後ら辺は誰かが日本の物件をほぼ買いつくしてしまって、制圧するのでそうなるともう運要素もなくなって勝てなくなります。

そこら辺になると勝負が見えるのでやめてしまっていましたね。信長の野望というゲームにも言えるんですが最後は力技でいけてしまいます。

逆にマリオカートなんかはゴール直前まで誰が優勝するか(アイテムを隠し持ったりしてるので)わからないのでよくできてるなと思います。

まあでもそれでも桃鉄は面白いですね。中毒みたいになるんですよね。勉強とかじゃなくて、ゲームなんで時間の無駄だな~と思ったりもしますがやめられなかったんですよね。

久しぶりに1人桃鉄してみようかな。